東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

国際シンポジウム「SATREPS水産養殖技術開発研究プロジェクトネットワーク」を開催しました

Last Update : 2016-01-13 11:09

平成27年12月19日・20日、本学において国際シンポジウム「SATREPS水産養殖技術開発研究プロジェクトネットワーク」が東京海洋大学主催、科学技術振興機構(JST)、国際協力機構(JICA)、および楽水会の後援で開催されました。SATREPSは、JSTとJICAが共同で実施している研究プログラムで、日本と開発途上国が共同で研究を行い、一国だけでは解決できないような「地球規模課題」を解決し、その研究成果を社会に還元すること(社会実装)を目的としています。

本シンポジウムは、水産養殖に関連する5つのプロジェクトの代表者が一同に会し、各プロジェクトの研究成果を紹介するとともに、情報交換などを通して研究の発展と新たな枠組みによる共同研究の推進を図ることを目的とし、二日間にわたって開催されました。両日あわせて一般参加者も含め230名が来場し、本学からは岡本信明特任教授が「次世代の食糧安全保障のための養殖技術研究開発」について講演を行いました。その後も参加大学の代表者や海外からの招聘者からの発表と活発な意見交換が行われ、有意義なシンポジウムとなりました。

また、2日目の午後に行われた市民公開講座には、一般参加者を含め110名が来場しました。市民公開講座ではSATREPSに参画する各大学の代表者から日本語による講演があり、各プロジェクトの概要が紹介されました。質疑応答では、一般参加者を交えて活発な意見交換がなされ、SATREPSの水産養殖関連プロジェクトを社会に発信する良い機会となりました。

プロジェクト名日本側代表機関相手国相手側研究機関
次世代の食糧安全保障のための養殖技術研究開発 東京海洋大学 タイ王国

水産局
カセサート大学
チュラロンコン大学
ワライラック大学

資源の持続的利用に向けたマグロ類2種の産卵生態と初期生活史に関する基礎研究 近畿大学 パナマ共和国

パナマ水産資源庁
全米熱帯マグロ類委員会

高効率燃料電池と再生バイオガスを融合させた地域内エネルギー循環システムの構築 九州大学 ベトナム

ベトナム国家大学ホーチミン市校
カントー大学

熱帯水産資源の持続可能な循環管理型生産システムの研究開発 創価大学 マレーシア マレーシア・プトラ大学
持続的食料生産のための乾燥地に適応した露地栽培結合型アクアポニックスの開発 鳥取大学 メキシコ合衆国 メキシコ北西部生物学研究センター

国際シンポジウム「SATREPS水産養殖技術開発研究プロジェクトネットワーク」

一覧に戻る

PAGE TOP