東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

森榮三菱マテリアル株式会社社友が海洋工学部で特別講義を行いました

Last Update : 2016-04-27 11:44

東京海洋大学海洋工学部(越中島キャンパス)では、4月15日に学生及び教職員を対象に、本学の卒業生である森榮氏をお招きして「『海洋立国』日本の展望と課題」と題した特別講義を行いました。

講義の中で森氏は日本の輸出貨物の99%が海上輸送であり、海上輸送を安全に行うことが重要であるとし、これからの課題である海洋資源の開発の分野にも興味を持つようにと説かれました。
また、海は国際友好の原点として、昨年映画化されたエルトウールル号の遭難や快鷹号の遭難の逸話からの国際交流の事例を紹介されました。
そのうえで、東京海洋大学の歴史や明治丸の来歴、校歌の歌詞から考えても素晴らしい大学に在学しているので、坂本龍馬、岩崎弥太郎の後進として誇りを持って、諦めずにたゆまぬ努力をし、明確な目標として資格試験等に積極的に挑戦するように、と熱く語られました。

190名余の学生は講義を熱心に聴講し、「海洋立国」日本を支える東京海洋大学の学生として将来を考えるよい機会になりました。

森榮三菱マテリアル株式会社社友が海洋工学部で特別講義

一覧に戻る

PAGE TOP