東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

水素社会実現に向けた燃料電池船の実船試験を開始 ~2020年水素燃料電池船の実運用を目指す~(東京海洋大学・NREG東芝不動産株式会社の共同プレスリリース)

Last Update : 2016-10-14 14:00

 国立大学法人東京海洋大学と野村不動産グループのNREG東芝不動産株式会社は、2020年の水素燃料電池船の実運用を目指し、2015年より、「スマートエネルギー都市に用いる水素燃料電池船開発」に関する共同研究を実施しています。
 この共同研究の成果は、国土交通省が推進している燃料電池船の安全ガイドラインの策定に活用されます。このガイドラインは、東京オリンピック・パラリンピックの時期を目途とした燃料電池船実用化の環境整備に繋がり「オリンピックレガシー」の一助となることが期待されます。

国立大学法人東京海洋大学は、環境負荷低減に関わる船舶の低炭素化を目指し「急速充電器対応型燃料電池船」の開発を2010年から取り組んでいます。現在まで3隻の「らいちょう」シリーズを建造し、さらなる研究開発と共に、社会実装に向けた活動を展開してきました。
 また、NREG東芝不動産株式会社(野村不動産グループ)は、東京都港区芝浦一丁目地区において、先端水素技術の情報発信および舟運の活性化をテーマの一つとして、国家戦略特区を活用した大規模再開発の検討を行っています。
 本共同研究では、「らいちょうN」に東芝製水素燃料電池を追加搭載し、実運用船建造も視野に、海上での使用における課題抽出を行います。「らいちょうN」は日本小型船舶検査機構から水素燃料電池塔載での航行の認可を受け、実船による試験を10月から開始し、得られた成果は、国土交通省が進めている燃料電池船の安全ガイドラインの策定にも活用されます。

【船舶主要目】

船名らいちょうN
船質:軽合金属(アルミ製)
総トン数9.1トン
船舶の長さ:12.60メートル
実船試験水域:東京都江東区東京海洋大学から半径10海里以内
満載時最大速力:11ノット
燃料電池:定置用固体高分子膜形燃料電池 7 kW (3.5 kW x 2基)
二次電池:リチウムイオン二次電池 145 kWh (13.2 kWh x 11パック)
推進用電動機:90 kW (45 kW x 2基)
検査機関:日本小型船舶検査機構 (JCI)
試験運転開始平成28年10月上旬

燃料電池設置区画
燃料電池設置区画

燃料電池設置区画
燃料電池設置区画

燃料電池
燃料電池

燃料電池を搭載した「らいちょうN」
燃料電池を搭載した「らいちょうN」

関連リンク(別ウィンドウでリンク先を開きます。サイト外のページに移動します)

一覧に戻る

PAGE TOP