東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

西尾尚晃氏(海洋システム工学専攻)、木船弘康准教授がBest Paper Awardを受賞

Last Update : 2016-10-26 14:33

受賞概要

Pan Asian Association Maritime Engineering Societiesにより開催されたAdvanced Marine Engineering Conference 2016にてBest Paper Awardを受賞した。

受賞研究のタイトル

A study on Fuel Saving Effect in Hybrid Propulsion System for Tugboat

受賞者

西尾尚晃(海洋システム工学専攻2年)、木船弘康(東京海洋大学学術研究院海洋電子機械工学部門 准教授)

受賞対象となった研究の内容

筆者らはタグボートを対象として、バッテリーを用いないハイブリッド推進システムを提案してきた。一般的にタグボートは業務の特性上、2基2軸の推進システムを採用している。従来の推進システムでは、低出力時にはそれぞれの主機が低負荷・低効率で運転されている。その一方、筆者らが検討してきたハイブリッドシステムでは、高出力が要求されない場合に限り、電力変換器とモータジェネレータを利用することで、片方の主機を停止させ、もう片方の主機1基のみで2基の推進器を駆動することが可能となる。これにより運転中の主機の負荷率及び熱効率を改善することが可能である。この時の燃料消費特性を筆者らが独自に開発した燃料消費推定シミュレーションにより算出した。また、従来の推進システムにおける燃料消費特性も合わせて算出し、比較を行った。これにより明らかとなった、燃料節減効果を報告した。

paames.jpg

一覧に戻る

PAGE TOP