東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

垣添 直也楽水会副会長が品川キャンパスで特別講義を行いました

Last Update : 2017-04-26 09:08

 東京海洋大学海洋生命科学部及び海洋資源環境学部(品川キャンパス)では、平成29年4月21日(金)に新入学生を対象に、本学の卒業生であり、日本水産(株)前代表取締役社長、前本学理事(経営環境担当)を務められた、(一社)マリン・エコラベル・ジャパン協議会会長であり、楽水会副会長の垣添直也氏をお招きして「「幅広い視野」、「深い考察」が生み出すあなたの未来」と題した特別講義を行いました。

 特別講義の同日に、新学部「海洋資源環境学部」の設立記念行事が行われたこともあり、講義の中で垣添氏は、皆さんは、大学のみならず国と社会の期待に応えるために設立された学部が生まれた年に入学した第一期生であるとのお言葉を述べられ、大学の周りだけでなく、日本が、世界が大きく変わるこの節目に当たり、本学学生の未来を「幅広い視野」と「深い考察」の視点から考えるため、東京海洋大学ならではのテーマを挙げられ、問題点や将来期待されることについて講演されました。

 最後に、「皆さんの可能性は無限、モノは有限でもコトは無限、もちろん「知」も無限、有限を無限にするためには単眼思考にならず、「広い視野」と「深い考察」が正しい判断を導く。」「今日から新しい皆さんが始まる、その先には皆さんの未来=思考力、判断力が試される実社会が待っている。いい加減だと言い訳ばかり、中途半端だと愚痴が出るが、真剣なら知恵が出る。」とのお言葉を頂き、「元気で明るく溌剌と「広い視野」と「深い考察」を持って意義のある学生生活を送ってください。」と学生にエールを贈られました。
 参加した290名余は講義を熱心に聴講し、盛況のうちに終了しました。

kakizoe1.jpg kakizoe2.jpg

一覧に戻る

PAGE TOP