東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

平成29年度沖合海域における漂流・海底ごみ実態調査について~調査海域を拡大するとともに、大学との連携体制を拡充~

Last Update : 2017-08-08 15:01

 東京海洋大学では、環境省からの委託を受けて、平成26年度から沖合海域における漂流ごみ(マイクロプラスチックを含む)・海底ごみ実態調査に取り組んでいます。
 今年度からは,国立大学法人九州大学に加えて、北海道大学、長崎大学、鹿児島大学とも連携協力して,調査海域を拡大しました。
 このことについて,「平成29年度沖合海域における漂流・海底ごみ実態調査について ~調査海域を拡大するとともに、大学との連携体制を拡充~」を,国立大学5大学と環境省で共同プレスリリースしました。

詳しくはこちらからご覧ください。

一覧に戻る

PAGE TOP