東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

東京海洋大学・港区連携事業夏休み学習会を開催しました

Last Update : 2017-08-16 17:50

 8月9日、本学品川キャンパスで東京海洋大学マリンサイエンスミュージアムと港郷土資料館(港区)との連携事業「夏休み学習会」を開催しました。
 今回は、「透明骨格標本で東京湾の魚の形態と生態を知ろう!」と題して、大学近くの運河で採取したプランクトンを顕微鏡で観察したり、魚の透明骨格標本を解剖し、その中のプランクトンを子どもたちは一生懸命観察しました。その後、マリンサイエンスミュージアムの見学も行いました。
 翌日10日は、港郷土資料館で「東京湾、魚の捕り方と漁具を知ろう!」が行われました。

透明骨格標本の解剖
透明骨格標本の解剖

マリンサイエンスミュージアムの見学
マリンサイエンスミュージアムの見学

一覧に戻る

PAGE TOP