東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

大森尚也氏(海洋環境保全学専攻 博士前期課程2年)が第50日本魚類学会年会においてのポスター発表において優秀賞を受賞

Last Update : 2017-10-20 10:40

受賞研究

館山湾におけるウツボGymnothorax kidakoの配偶システム

受賞対象となった研究の内容

 本学館山ステーションの地先海岸でウツボの繁殖生態を明らかにした。ウツボの繁殖期は8月で、雌は年に1回しか産卵しないことがわかった。潜水観察をしたところ雌は移動せず特定の場所に長期間にわたって滞在していた。それとは対照的に雄はよく移動し、雌を次々と訪問。水中定点カメラによってペアを観察したところ、ペアを組んでいた雄が雌の上顎を咥え産卵上昇する様子が撮影された。これはウツボの産卵行動を捉えた初めての報告となった。

大森尚也氏
大森尚也氏

関連リンク(別ウィンドウでリンク先を開きます。サイト外のページに移動します)

一覧に戻る

PAGE TOP