東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

海鷹丸(うみたかまる)が第53次航海(遠洋航海)、第21次「海鷹丸」南極海観測航海に出港しました

Last Update : 2017-11-22 10:32

 11月13日(月)、本学練習船海鷹丸が、第53次航海(遠洋航海)に向け、豊海(とよみ)水産埠頭を出港しました。
 船内において行われた出港式では、竹内学長の挨拶に続いて、文部科学省研究開発局海洋地球課小酒井極域科学企画官、大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所中村所長にご挨拶を賜り、その後、野田船長から出港の挨拶が行われました。
 出港直前には、本学OBで構成される楽水会雲鷹丸合唱団と本学の合唱部による校歌や水産逍遥歌、スタンバイの歌などが歌われ、乗組員を激励しました。海上では本学カッター部の見送りを受け海鷹丸は出港しました。
 第53次航海(遠洋航海)は、水産専攻科が実施する三級海技士免許(航海)の取得に向けた、水産学教育の"総仕上げ"として行われるものです。乗船する専攻科学生37名はインド洋にてマグロ延縄(はえなわ)実習や海洋調査等を行った後、フリーマントル(オーストラリア)に入港します。その後、研究者が合流した後、12月31日に第21次「海鷹丸」南極海観測航海に出航します。帰港は平成30年2月19日の予定です。

umitaka171113_1.jpg
出港の挨拶をする野田船長(左)と竹内学長(右)

umitaka171113_2.jpg
出港する海鷹丸

関連ドキュメント

一覧に戻る

PAGE TOP