東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

海洋における将来のマイクロプラスチック浮遊量を世界で初めて予測 〜海洋プラスチック汚染の監視と軽減に期待〜

Last Update : 2019-01-25 08:30

海を漂流・漂着するプラスチックごみは、時間が経つにつれ劣化と破砕を重ねながら、次第にマイクロプラスチック(MP)と呼ばれる微細片となり、漂流の過程で誤食を介して海洋生物に取り込まれることが知られています。このたび、環境省環境研究総合推進費(SII-2および4-1502)の助成を受けて、MPによる海洋汚染を調査している九州大学応用力学研究所の磯辺篤彦教授と東京海洋大学の東海正教授・内田圭一准教授、そして寒地土木研究所の岩﨑慎介研究員らの研究グループは、南北太平洋で東京海洋大学/海鷹丸が2016年に観測したMP浮遊量や、既往研究が報告した浮遊量をコンピュータ・シミュレーションで再現し、さらに50年先までの太平洋全域における浮遊量を予測しました。特に夏季の日本周辺や北太平洋中央部で浮遊量が多くなること、プラスチックごみの海洋流出がこのまま増え続けた場合、これらの海域では2030年までに海洋上層での重量濃度が現在の約2倍になること、さらに2060年までには約4倍となることが示され、海洋生物がMPによる環境リスクに直面する可能性のあることがわかりました。ただし、これまでMPによる海洋生物への影響を指摘した室内実験のほとんどは、観測やシミュレーションの対象となったMP(>300μm)より一桁から四桁以上小さなMPを使用しています。今後は、実験で用いているほどサイズの小さなMPを実海域でも監視し、浮遊量の将来を予測することが、海洋生物への影響を考える上で重要でしょう。本研究成果は「Abundance of non-conservative microplastics in the upper ocean from 1957 to 2066」としてNature Communications誌(DOI: 10.1038/s41467-019-08316-9)にて2019年1月24日19:00(日本時間)にオンライン掲載されました。MP浮遊量の将来予測は本研究が世界で初めてのものです。

1901.png

コンピュータ・シミュレーションで求めた2016年現在と50年後に海面近くを浮遊するマイクロプラスチックの重量濃度(海水1m3あたりの浮遊重量)分布。左側は2月で右側は8月の分布を示す。最も濃い赤のトーンは1000 mg/m3以上の重量濃度を示す海域を表している。

201901_2.png

太平洋観測での浮遊マイクロプラスチック採取

関連ドキュメント

関連リンク(別ウィンドウでリンク先を開きます。サイト外のページに移動します)

一覧に戻る

PAGE TOP