東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

「ブリ類性決定遺伝子の発見」が、Current Biology誌に掲載されました

Last Update : 2019-05-28 15:36

 本学、海洋生物資源学部門 坂本 崇 教授が、共同責任著者として東京大学附属水産実験所 菊池 潔 教授と実施していたブリの性決定機構に関する研究論文「ブリ類の性は、ステロイド代謝酵素遺伝子上の雌雄差(一塩基のみ)により決まる」が、Cell press社の『Current Biology 電子版(2019523日付オンライン先行出版)に掲載されました

関連ドキュメント

雑誌名:Current Biology

論文タイトル:A SNP in a Steroidogenic Enzyme Is Associated with Phenotypic Sex in Seriola Fishes

著者:Takashi Koyama, Masatoshi Nakamoto, Kagayaki Morishima, Ryohei Yamashita, Takefumi Yamashita, Kohei Sasaki, Yosuke Kuruma, Naoki Mizuno, Moe Suzuki, Yoshiharu Okada, Risa Ieda, Tsubasa Uchino, Satoshi Tasumi, Sho Hosoya, Seiichi Uno, Jiro Koyama, Atsushi Toyoda, Kiyoshi Kikuchi, Takashi SakamotoKikuchiSakamotoは責任著者, Nakamoto, Morishima, T. Yamashitaは同等寄与者)

DOI: https://doi.org/10.1016/j.cub.2019.04.069

論文URLhttps://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(19)30498-1

関連リンク(別ウィンドウでリンク先を開きます。サイト外のページに移動します)

一覧に戻る

PAGE TOP