東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

海洋電子機械工学部門・井原智則助教らが受賞しました

Last Update : 2019-06-21 11:04

 5月27日に開催された日本マリンエンジニアリング学会第55期定時総会において、海洋電子機械工学部門・井原智則助教らの論文に対し、論文賞が授与されました。

受賞者(著者)

井原 智則       東京海洋大学 学術研究院 海洋電子機械工学部門 助教
Samwel Aloyo Andayi  東京海洋大学 大学院海洋科学技術研究科 博士前期課程 海洋システム工学専攻2年(執筆時)
波津久 達也      東京海洋大学 学術研究院 海洋電子機械工学部門 教授
賞雅 寛而       東京海洋大学 名誉教授
日引 俊詞       米国パデュー大学名誉教授

受賞論文のタイトル

矩形流路内における二相流構造と摩擦低減効果に関する実験的研究

受賞論文の内容

 空気潤滑法に関して、二相流構造と摩擦抵抗の微視的関係を明らかにするための実験的研究を行った。実験は、外部流れを模擬した矩形流路内を流れる気液二相流を対象とし、局所二相流構造としてボイド率・気泡弦長・界面速度を電気抵抗式ダブルセンサーボイドプローブにて計測を行った。
 また、同時に、せん断力計を用いた壁面摩擦の評価と、高速度ビデオカメラによる流動可視化を行い、流動場の構造を分析した。
 実験結果に基づき、空気潤滑による抵抗軽減率の予測式を開発し、従来報告されているデータを包含して評価できる手法を提案した。

授賞式.jpg

左から賞雅寛而名誉教授、井原智則助教、波津久達也教授、大松哲也日本マリンエンジニアリング学会第54期会長

一覧に戻る

PAGE TOP