東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

東京海洋大学練習船神鷹丸が月島警察署と合同でSOLAS条約に基づく保安演習を実施しました。

Last Update : 2019-07-10 14:42

 5月30日に豊海水産埠頭に着岸中の本学練習船神鷹丸(しんようまる)にて、SOLAS条約(「海上における人命の安全のための国際条約」)XI-2章ならびに本コードA部の規定に従い、船舶の保安対策強化の一環として、月島警察署と合同で訓練(演習)を実施しました。
 訓練では、神鷹丸に不審者が侵入したと想定して、警察に通報し、駆けつけた警察官とこれを取り押さえるとともに、不審者が船内に残した不審物を捜索、処理するといった内容で実施しました。
 訓練終了後は、月島警察署の専門家による護身術の講義も行われ、練習船乗組員にとって有意義な内容となりました。さらに、港湾における船舶の保安強化だけではなく、地域の安全対策についても適宜連携をしていく、テロ対策東京パートナーシップに協力していくこととなりました。

555.jpg 556.jpg

パトカー到着

不審者の捜索

557.jpg 558.jpg

不審者の残置した不審物の発見

専門家による護身術講義

一覧に戻る

PAGE TOP