東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

黒川久幸研究室学生チームがNS物流研究会で優勝

Last Update : 2019-12-17 14:57

 11月16日、東京海洋大学越中島キャンパスで開催された、NS物流研究会主催の「第11回 物流関連ゼミ学生よる研究発表会」において、黒川久幸研究室学生チームが優勝しました。この発表会は、大学の物流ゼミが業界の抱える諸問題を分析し、解決の提案を大学対抗形式で発表するもので、今回は10大学1高専、計11ゼミが参加しました。 

受賞者

黒川久幸 学術研究院 流通情報工学部門 教授 
黒川久幸研究室メンバー 
石原うねり氏 海洋工学部 流通情報工学科 4年
浮谷ちひろ氏 海洋工学部 流通情報工学科 4年
小木曽彩莉氏 海洋工学部 流通情報工学科 4年
小島 寛輝氏 海洋工学部 流通情報工学科 4年
股部 素己氏 海洋工学部 流通情報工学科 4年

受賞概要

 第11回研究発表会のテーマ「物流・ロジスティクスに関わる研究」で、2020データ分析を取り入れた業務改善の重要性を訴えたものを評価されました。
 ※NS物流研究会とは、平成17年度と18年度に国土交通省自動車交通局貨物課が主催した「若手トラック経営者等によるトラック事業の明るい未来を切り開く方策等を検討する研究会」に参画したメンバーが、その後、自主的な研究会として設立した組織です。 当研究会の名称のNSはNextのN、StageのSです。

受賞研究のタイトル

データ分析のすゝめ ~データ分析に基づくピッキング業務の改善~

受賞研究の内容 

 実在する物流企業におけるピッキング業務を対象に、在庫データや入出庫データ等を用いた数値分析、さらにはシミュレーショ ン等のOR技術を用いた改善策について報告しました。また、物流現場の改善におけるデータ分析の重要性やデータ分析を行う上での課題について整理するとともに、データの扱い方やシステム改修など、データ分析が行いやすい環境整備を行う必要があることを提言しました。

3.654.jpg
     黒川久幸研究室学生チームメンバー

関連リンク(別ウィンドウでリンク先を開きます。サイト外のページに移動します)

一覧に戻る

PAGE TOP