東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

令和元年度第5回東京海洋大学と報道関係者との懇談会を開催しました

Last Update : 2020-01-29 13:02

 1月27日(月)、今年度第5回の報道関係者との懇談会を、越中島キャンパスにおいて開催しました。 
 本懇談会は、報道関係者の方々に、本学の管理運営、教育、研究、国際交流や社会・地域連携等の諸活動への理解を深め、ご意見等をいただくことを目的としたもので、平成27年度から隔月で開催しています。
 冒頭、竹内学長からの挨拶に続き、本学より別添の議事次第の内容について紹介しました。
 なお、本学教員の研究内容を紹介する『研究者探訪』では、海洋工学部海事システム工学部門岩淵教授から「ユネスコ水中考古学大学連携ネットワークメンバー校としての東京海洋大学の諸活動」として「水中文化遺産」プロジェクトである日蘭水中文化遺産国際共同研究である咸臨丸の遺構調査、日蓮聖人の生家である海没誕生寺の水中調査、潮汐の力によって魚を捕獲する「原始」漁具である石ひび、チューク(トラック島)の海没戦争遺産について説明があり、報道関係者の方々から様々なご質問がありました。

IMG_20200128.jpg
竹内学長の挨拶

20200128_3.jpg
懇談会の様子

20200128_5.jpg
岩淵教授

別添:議事次第「令和元年度第5回東京海洋大学と報道関係者との懇談会

関連リンク(別ウィンドウでリンク先を開きます。サイト外のページに移動します)

一覧に戻る

PAGE TOP