東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

マリンサイエンスミュージアムのドキュメンタリー映像「博物海景」が配信されました。

Last Update : 2020-07-31 10:51

「都市の文化を映像で捉えるドキュメンタリー映像シリーズ「港画」(2019)では、東京海洋大学マリンサイエンスミュージアムにご協力いただき、藤川史人監督による「博物海景」を製作しました。「博物海景」では、さまざまな人々が行き交い、資料との出会いによって物語が生み出される大学ミュージアムの知られざる日常を、透明感のある光の表現が印象的な藤川監督の映像が捉えています」(慶應義塾大学アート・センター)

 

  日本語「博物海景」
   https://vimeo.com/402455496
  English「A Story in Marine Science Museum
   https://vimeo.com/437368825
  監督:藤川史人

  製作:「都市のカルチュラル・ナラティヴ」プロジェクト、慶應義塾大学アート・センター

 

minato-e.png  logo-full.png

「都市のカルチュラル・ナラティヴ」は、港区という都市に息づく文化を多様な視点から物語り、つないでゆくプロジェクトです。現在、港区内で独自の活動を展開する9つの機関(味の素食の文化センター、NHK放送博物館、NHK放送文化研究所、Japan Cultural Research Institute、泉岳寺、草月会、増上寺、虎屋文庫、東京海洋大学マリンサイエンスミュージアム)をコアメンバーとして、講座やワークショップなどイベントの開催、プロジェクト・マガジン「ARTEFACT」の編集、学生とのコラボレーション企画など、さまざまなメディアを使って物語を運ぶ試みを展開しています。

一覧に戻る

PAGE TOP