東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

海鷹丸第62次航海、令和2年11月10日出港

Last Update : 2020-11-13 10:00

 本学練習船「海鷹丸(うみたかまる)」が、令和2年11月10日(火)に水産専攻科学生41名を乗せ、第62次航海(長期航海)に向けて出航しました。 出航前日には、学生および乗組員全員が新型コロナウイルスのPCR検査を受け、陰性であることを確認した上で、この航海に臨んでいます。今回のPCR検査では、OBの皆様の会社に多大なご協力をいただきましたことに、感謝申し上げます。
 出航後、さらに数日を東京周辺海域に留まり、発症者がないことを確認した上で、マグロはえ縄実習を行うカロリン諸島海域公海域に向けて南下する予定です。この航海では、学生の操船実習や天文航法・船橋当直、そのほか漂流プラスチックごみの観測などを実施する予定です。
 乗船している学生達にとっては、この航海が水産専攻科の集大成となる最後の実習航海となります。 例年よりも短い航海ではありますが、より効果のある実習を遂げて無事に東京に戻ってくるように、皆様とともに航海の安全を祈念したいと思います。

 なお、航海の様子は、下記のリンク先でご覧ください。

 20201110_01.jpg
 出港する海鷹丸

 20201110_02.jpg
 令和2年度専攻科生と海鷹丸

関連リンク(別ウィンドウでリンク先を開きます。サイト外のページに移動します)

一覧に戻る

PAGE TOP