東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

学長裁量経費「大学改革・機能強化等推進事業」学長賞表彰式および受賞者による成果報告会を開催

Last Update : 2020-12-11 10:38

 学長裁量経費「大学改革・機能強化等推進事業」は、学長のリーダーシップにより①海洋科学技術研究における中核的拠点形成、②創造性豊かな若手・女性・外国人教員の研究支援、③海洋産業人材育成のための教学マネジメントシステム整備・充実をテーマに、学内公募から選ばれた取組に対し、学長裁量経費を配分するものです。
 このたび平成29年度に採択され3年間にわたり実施された取組の評価を行い、優れた成果を上げた取組として最優秀賞1件の学長賞を選定しました。
 12月7日(月)の表彰式では、竹内俊郎学長から賞状授与が行われ、竹内学長から、今後の教育研究の発展への期待についてコメントがありました。その後麻生助教より成果報告ポスターの前で研究内容について詳細な説明がありました。
 また、12月10日(木)の成果報告会は、新型コロナウイルス感染防止のためWEB会議システムを利用して実施しました。
 なお、平成29年度に採択された取組全てについて、成果報告ポスターを品川、越中島の両キャンパスに2週間展示しました。

 今回選ばれた学長賞は、以下のとおりです。

最優秀賞

  流通情報工学部門     麻生 敏正 助教

「倉庫や水産現場等の労働集約型拠点における高齢者や女性の生産性の把握に関する研究」
 ①研究報告ポスター
 ②研究報告スライド

★PC070058.jpg
学長賞賞状授与

★PC070066.jpg
左から竹内学長と麻生助教

★PC070069.jpg
左から堀内副学長、竹内学長、麻生助教、黒川理事、神田副学長

★PC070089.jpg
成果報告ポスター前での記念撮影
(左から麻生助教、竹内学長)

★PC070074.jpg
自身の研究成果について説明する麻生助教(左)

一覧に戻る

PAGE TOP