東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

【5/2放送】「ブルー・アース 生命の海」に東京海洋大学が登場

Last Update : 2021-04-23 08:42

「海のメカニズムと生き物の営み、そこから見えてくる地球の未来とは!?」

内田准教授と実習艇「ひよどり」が、TBS系 SDGsプロジェクト「地球を笑顔にするWEEK」の一環である「ブルー・アース 生命の海」に登場します。

内田准教授が本学の実習艇「ひよどり」で実施する東京湾のマイクロプラスチック調査に、さかなクンが同行。本学では、九州大学との共同研究チームが2016年に世界で初めて南極海でマイクロプラスチックの浮遊を確認し、世界に衝撃を与えました。

番組名: BS-TBS「ブルー・アース 生命の海」
放送日: 令和3年5月2日(日)22時00分~23時54分
内 容: 海は地球の環境システムを維持するのに重要な役割を担い、海水の大循環によって気温・気候が調整され、陸の環境にも影響を与えています。また、100万種に及ぶ海の生物たちは、複雑に関係しながら生態系を維持し、健全な環境を保っています。海のメカニズムと生き物の営み、美しく壮大な大自然の素晴らしさ。そこから見えてくる地球の未来とは。

ひよどり.jpg

実習艇「ひよどり」

関連リンク(別ウィンドウでリンク先を開きます。サイト外のページに移動します)

一覧に戻る

PAGE TOP