東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

The Control of Aquatic Animal Diseases 2021(魚介類感染症コントロールに関する国際会議)で最優秀ポスター賞1位・2位を受賞しました

Last Update : 2021-09-21 09:46

令和3年9月10日に台湾国立成功大学(National Cheng Kung University)が主催で開催されたオンライン国際会議The Control of Aquatic Animal Diseases 2021において最優秀ポスター賞を受賞しました。

受賞者

松本 紗奈 東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科 博士前期課程 海洋生命資源科学専攻2年
Thitiporn Thammasorn 東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科 博士後期課程 応用生命科学専攻3年

受賞タイトル

Best Poster Award First place(最優秀ポスター賞 First place)
Best Poster Award First Runner-up(最優秀ポスター賞 First Runner-up)

受賞概要

オンライン国際会議The Control of Aquatic Animal Diseases 2021(魚介類感染症コントロールに関する国際会議)において最優秀ポスター賞を受賞した。

受賞研究のタイトル等

Investigation on the cause of whitened muscle in Kuruma shrimp Marsupenaeus japonicus cultured in Japan
Sana Matsumoto, Satoshi Kawato, Kentaro Imaizumi, Ryosuke Matsumoto, Reiko Nozaki, Hidehiro Kondo and Ikuo Hirono)

Characterization of mitotic checkpoint genes and its expression profile during cellular arrest in Kuruma shrimp (Marsupenaeus japonicus) cell culture
Thitiporn Thammasorn, Reiko Nozaki, Hidehiro Kondo, and Ikuo Hirono)

受賞研究の内容 

分子生物学的解析、病理組織学的解析ならびに感染症学的実験を駆使してクルマエビの新たな感染症と考えられる疾病、クルマエビの筋肉白濁症候群を発見した。
Certificate of Award- Sana Matsumoto.jpg

甲殻類の培養細胞は未だ開発されていないが、クルマエビ類の培養細胞を樹立するためにクルマエビの細胞および組織の培養条件かでの遺伝子発現変動を解析し、クルマエビ類の培養細胞法樹立に向けた基盤情報の構築を行なった。
Certificate of Award- Thitiporn Thammasorn.jpg

一覧に戻る

PAGE TOP