東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

中村綾花氏(博士後期課程 応用生命科学専攻)が第117回日本食品衛生学会学術講演会(Web開催)で優秀発表賞を受賞しました

Last Update : 2021-11-30 09:19

このたび、第117回日本食品衛生学会学術講演会(Web開催)において、中村綾花氏(博士後期課程3年)が優秀発表賞を受賞いたしました。

受賞者

中村綾花(海洋科学技術研究科 応用生命科学専攻 博士後期課程3年)

受賞タイトル

優秀発表賞

受賞概要

第117回日本食品衛生学会学術講演会(Web開催)において、中村綾花氏(博士後期課程3年)が優秀発表賞を受賞いたしました。

受賞研究のタイトル

次世代シーケンサー(NGS)を用いた牛と畜行程における枝肉の微生物叢の変遷

受賞対象となった研究の内容 

国産和牛の輸出促進には、と畜場等の各種認定の取得に加えて、徹底した衛生管理による賞味期限の長い牛肉の生産が必須です。本研究では、牛のと畜行程において、枝肉への微生物汚染がどのように進むのか調べるため、同一個体の牛を対象に微生物数の経時的変化を調べました。更に、腐敗原因菌の汚染が起こる箇所を推定するため、NGSを用いて各工程の器具や枝肉について、その微生物叢を網羅的に解析しました。本研究により、牛のと畜工程において、微生物の汚染が起こりやすい工程を特定し、衛生管理を徹底することで更なる国産和牛の品質の向上が望まれます。

優秀発表賞.jpg

一覧に戻る

PAGE TOP