東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

安田 慎 氏(博士前期課程 海洋資源環境学専攻1年)が、日本プランクトン学会学生優秀発表賞を受賞しました

Last Update : 2022-09-20 13:04

受賞者

安田 慎 氏(東京海洋大学 海洋科学技術研究科 博士前期課程 海洋資源環境学専攻1年)

受賞概要

2022年9月2日から5日にかけて行われた、日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会において、日本プランクトン学会学生優秀発表賞を受賞した。

受賞研究のタイトル

東京湾から単離された珪藻を摂食するアメーバ

受賞対象となった研究の内容

東京湾において、Hartmannnelidae科の新属新種と思われる2種のアメーバの単離培養に成功した。室内培養実験と野外DNA試料のメタバーコーディング解析結果から、アメーバの出現時期と利用可能な珪藻の出現に良い対応があることがわかった。東京湾をはじめとする多くの沿岸域では珪藻が主要な基礎生産者であるが、その消費者についてはよくわかっていないことが多い。今回単離されたアメーバは珪藻の損失過程において重要な役割を担っている可能性がある。

1663300446291.jpeg

一覧に戻る

PAGE TOP