東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

【6月3日(金)開催】東京海洋大学 日本技術士会登録食品技術士センター 第3回共催講演会

Last Update : 2016-04-27 14:31

東京海洋大学 日本技術士会登録食品技術士センター
第3回共催講演会

日時 2016年 6月 3日(金)
講演会 14:00~16:50
懇親会 17:00~18:30
場所 品川キャンパス 楽水会館大会議室
協 賛 一般社団法人 楽水会
  • 学生・教職員各位は講演会・懇親会参加費無料!!
    参加希望者は直接会場にお越しください。
  • 一般参加者は、講演会2000円(初回無料)、懇親会1000円
講演テーマ
  1. 技術士視点による農林水産業6次産業化の取組み:~問題の捉え方と解決方法の紹介~
    講 師:山下 雄 会員技術士・農業部門(AGURI DESIGN COMPANY㈱ 代表取締役)
    (講演概要)
    6次産業化とは、農林漁業者(1次産業)が原材料供給者としてだけではなく、加工(2次産業)や流通や販売(3次産業)の経営多角化に挑戦し、農山漁村の雇用確保や所得向上を目指すことである。本講演では、6次産業化の取組体験を通して、技術士視点による課題抽出と解決方法を紹介する。また、技術コンサルタントとしてのやりがいや今後の自分のロードマップにふれる。
  2. 魚類アレルギーとアレルゲン性の低減化
    講 師:小林 征洋 助教 (東京海洋大学大学院 海洋科学技術研究科 海洋科学系海洋生物資源学部門)
    (講演概要)
    近年、魚類アレルギー患者が増加している。魚類アレルゲンとしてパルブアルブミン(PV)とコラーゲン(CL)が同定されているが、高い耐熱性が患者の食事制限の一因となっている。 我々は通常より高い加熱負荷により、PVのアレルゲン性を低減できることを見いだした。CLのアレルゲン性は加熱では低減できないが、酸処理により魚肉中からCLを除去することに成功した。本講演では、魚類アレルギーと魚肉の低アレルゲン化法について紹介する。
詳細 東京海洋大学 日本技術士会登録食品技術士センター 第3回共催講演会(371.5 KB)

関連ページ

一覧に戻る

PAGE TOP