東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

博士後期課程の合同セミナーのお知らせ【H30-B-011】

Last Update : 2018-08-01 16:57

合同セミナー【H30-B-011】
Advanced Seminar of Specialization 【H30-B-011】



                          「避難交通計画における最適化アプローチ」

博士後期課程在学生 各位
To Doctoral Course Students

博士後期課程の合同セミナーのお知らせです。合同セミナー番号は次のとおりです。
Information of an Advanced Seminar of Specialization of doctoral course students, a seminar number is as follows,

合同セミナー番号【H30-B-011】

なお、品川地区は、学務部教務課大学院係(講義棟1階)のカウンター、越中島地区は、1号館事務室の掲示板前、の合同セミナーのバインダーに、それぞれ綴っております。
There is a file of the Advanced Seminar of Specialization as follows,Shinagawa Campus: Graduate School Section Etchujima Campus: Front of the bulletin board of the Administration Division

----------------------------------- 記 --------------------------------------

「避難交通計画における最適化アプローチ」

日時:2018年8月6日 13:30 - 15:30
Date:6 August, 2018. PM 13:30 - 15:30

場所:越中島キャンパス 2号館5階 流通経営ゼミ室
Venue:Logistics Management seminar room, 5nd Floor, No. 2 Building in Etchujima Campus

題目Title:避難交通計画における最適化アプローチ

講演者speaker: 奥村 誠(東北大学防災研究所,教授)

内容 Abstract:

日本では、自然災害からの避難は原則徒歩で行うものとされてきたが、東日本大震災で徒歩避難が困難な住民や、徒歩では津波襲来に間に合わない地区の存在が明らかとなり、2012年に交通の教則が改正され、やむをえない場合の自動車利用避難が容認された。
今後、地域ごとに渋滞を回避する自動車避難の方法を検討することが必要である。
本発表では、まず欧米における自動車を用いた避難計画の最適化アプローチを概観し、日本の津波避難に適合するように、避難車両による混雑・渋滞の発生、時間変化する災害リスク、歩車の混合の影響、さらには歩行避難が困難な住民の存在を考慮できるような最適化モデルの定式化と簡単な分析結果を紹介する。
特に歩行困難な住民を輸送するために空車を配送するケースのモデルは、一般的なロジスティスクス問題に応用できる可能性が高い。

----------------------------------------------------------------------

担当教員:(教授 流通情報工学部門)久保 幹雄

問合せ:kubo@kaiyodai.ac.jp

----------------------------------------------------------------------

関連ドキュメント

一覧に戻る

PAGE TOP