東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

【博士後期課程 合同セミナー(H30-B-022)】のお知らせ

Last Update : 2018-12-14 15:19

合同セミナー【H30-B-022】
Advanced Seminar of Specialization【H30-B-022】

「船舶スケジューリングにおける近似動的計画法」

博士後期課程在学生 各位
To Doctoral Course Students

博士後期課程の合同セミナーのお知らせです。合同セミナー番号は次のとおりです。
Information of an Advanced Seminar of Specialization of doctoral course students, a seminar number is as follows,

合同セミナー番号【H30-B-022】

なお、品川地区は、学務部教務課大学院係(講義棟1階)のカウンター、越中島地区は、1号館事務室の掲示板前、の合同セミナーのバインダーに、それぞれ綴っております。
There is a file of the Advanced Seminar of Specialization as follows, Shinagawa Campus: Graduate School Section
Etchujima Campus: Front of the bulletin board of the Administration Division

----------------------------------- 記 --------------------------------------
「船舶スケジューリングにおける近似動的計画法」

日時:2018年12月19(水曜日)午後3時~午後5時
Day&Time: 2018/12/19 Wednesday PM15:00-PM17:00

会場:越中島キャンパス,2号館5階,流通経営工学ゼミナール室
Place: 5Floor,No2 building, seminar room, Etchujima Campus

講演者(Speaker):小林 和博(東京理科大学理工学部経営工学科 講師)

言語:日本語
Language: Japanese

概要(Abstract): 
複数期間にわたる船舶スケジューリングにおいて、近似動的計画法を用いるアプローチを述べる。各期で解く最適化問題は集合分割問題となるが、
その目的関数として価値関数を含めることで、次期以降のスケジューリングをよりやり易くするためのスケジュールを得ることができる。
各状態に対する価値関数は、その状態の価値を表すが、その陽な形はわからないため、近似を用いる。このアプローチでは線形関数による近似を用いる。
これにより、元の単期の問題の構造を壊すことがなく、単期の問題に対する解法を直接用いることができる。

--------------------------------------------------------------------------------

世話人: 久保 幹雄
東京海洋大学大学院 海洋工学系 流通情報工学
Email: kubo@kaiyodai.ac.jp

--------------------------------------------------------------------------------

一覧に戻る

PAGE TOP