東京海洋大学

MENU

大学で学びたい方College

平成28年度第2回海洋生命科学部、海洋資源環境学部オープンキャンパスプログラム紹介 (10/30実施 )

Last Update : 2016-10-26 11:46

10月30日(日)の海洋生命科学部、海洋資源環境学部(品川キャンパス)のオープンキャンパスは以下のプログラムで実施します。 (プログラムは変更になる可能性がありますので、予めご了承下さい。)学部学科紹介は『事前申込制』で先着順です。当日は本学から郵送した参加受付書(はがき)を持参し、受付で提示・提出してください。学部学科紹介は各回とも同じ内容です。

なお、参加受付書は10月24日(月)以降、順次郵送いたします。

注意事項

  1. オープンキャンパス当日は天候が急に変わることがありますので、参加者の皆様におかれましては、雨具を持参するなど、各自で対策を行っていただきますようお願いします。
  2. 自転車やバイクなど車両での来場は、ご遠慮ください。公共交通機関をご利用ください。
  3. キャンパス内には、来場者の荷物を預かるコインロッカーなど荷物置き場はありません。
  4. オープンキャンパスに関する最新の情報はホームページに掲載しますので、確認してください。

受付、資料配付

8時45分~15時30分(随時) 朝8時45分より受付を開始し、随時受付を行います。 プログラムの進行上、なるべく14時30分までにご来場ください。 なお、天候等の状況により、受付開始時刻を変更することがあります。

学部学科紹介(事前予約制)

※定員に達したため、受付は終了しました。お申込みありがとうございました。
 
 

時間内容会場

学部紹介 学科紹介
(事前申込制)

第1回 10:00~11:30

説明者: 海洋生命科学部、海洋資源環境学部
     各学部各学科担当教員

※海洋生命科学部、海洋資源環境学部
  全学科の紹介を行います。  
 また、各回とも内容は同じです。

講義棟1階 大講義室

第2回 10:30~12:00

白鷹館1階 講義室

原則、以下については、一部の内容を除いて当日予約は必要ありません。 また、入試相談は、各学科で順番が回ってくるまでに
時間がかかることがありますので、その点をご理解いただけますようお願いいたします。

海洋生命科学部

海洋生物資源学科

時間内容会場
模擬講義
「海洋生物科学
の最前線」
13:00~13:30

吉崎 悟朗 教授
「サバからマグロは生まれるか?」

白鷹館 1階
講義室
13:30~14:00

山本 洋嗣 助教
「魚の性別は環境で変わる? :地球温暖化が魚類の性に与える影響」

14:00~14:30

寺原 猛 助教
「ミクロな生き物 -微生物- のはなし」

体験学習 10:30~
13:00~
14:30~

廣野 育生 教授, 近藤 秀裕 准教授
「魚を解剖して、DNAを取って見てみよう」
1回目 10:30,2回目 13:00,3回目 14:30 計3回
(各回先着25名まで)
※募集は、本部管理棟1階で各回とも8:45より行います。

白鷹館 2階
多目的スペース

13:00~
16:00

羽曽部 正豪 准教授
「インターネット顕微鏡による体内観察
:遠隔操作顕微鏡による魚類マクロ組織染色標本の観察」

2号館 2階
216学生実験室
研究室紹介 10:30~16:00

研究室紹介(パネル展示)

白鷹館 2階
多目的スペース
入試相談 13:00~16:00

二見 邦彦 助教、岩田 繁英 助教
海洋生物資源学科学生・大学院生

2号館 1階
100A室

食品生産科学科

時間内容会場
模擬講義 13:00~13:30

大迫 一史 准教授
化学の力で未利用資源を活用する-Ⅰ
「海からの恵みを上手に利用する-水産加工」

講義棟 2階
22番教室
13:30~14:00

大島 敏明 教授
化学の力で未利用資源を活用する-Ⅱ
「森の恵みで食品の機能化を図ると・・・?」

体験学習 14:00~16:00
(随時)
人造イクラを作ろう (食品物性学研究室) 3号館 2階
226実験室
インスタントラーメンを作る -油の科学- (食品保全科学研究室) 3号館 4階
407実験室
ホタルの光で汚れを検出 (食品プロセス工学研究室) 3号館 1階
122実験室
NMR顕微鏡で食品を非破壊検査 (食品熱操作工学研究室) 3号館 1階
101実験室
オープン ラボ 10:30~16:00 時を止める魔法、それが冷凍 (食品冷凍学研究室) 3号館 1階
118実験室
低・未利用水産資源の有効利用法の研究 (食品加工学研究室) 3号館 1階
102号室
研究紹介
実習紹介
パネル展示
10:30~16:00 実習紹介 (写真と製品展示) 3号館 1階
渡り廊下

海洋生物がもつ不思議なはたらきを利用する (生体物質化学研究室)

3号館 3階
320実験室

食物(シーフード)アレルギー研究の最前線 (食品衛生化学研究室)

海の「美味しさ」と「健康」を科学する (食品栄養化学研究室)

3号館 3階
廊下

食中毒菌の迅速検査と増殖制御技術 (食品微生物学研究室)

3号館 4階
422実験室
入試相談 13:00~16:00

小山 智之 准教授 食品生産科学科学生

2号館 1階
100A室

海洋政策文化学科

時間内容会場
学生教員 懇談会 10:15~11:25

在学生および教員
学生生活や教育内容について来場者の質問にお答えします。

附属図書館1階
ショールーム

模擬講義 12:50~13:20

ヤップ ミンリー 助教
「サンゴの保全と再生について」

15:30~16:00

大河内美香 准教授
「大陸棚境界画定紛争と資源開発」

実習紹介 13:20~14:05

藤本 浩一 准教授
「海洋政策文化学科の各種実習の紹介」

卒論紹介 11:30~12:30
14:10~15:10

川下新次郎 教授: 教育学 研究室
中田 達也 准教授: 海洋環境政策論 研究室
工藤 貴史 准教授: 沿岸域資源論 研究室

進路紹介 12:30~12:45
15:10~15:25

中原 尚知 准教授
「海洋政策文化学科の卒業生の進路」

オープンゼミ
(参加希望者は
当日受付。各回
5名程度まで
先着順))

14:00~14:30

小暮 修三 准教授
「海女文化の意義と継承活動について」

附属図書館1階
多目的室

15:00~15:30 佐々木 剛 准教授
「鉄炭ヘドロ電池で発電にチャレンジ!」
入試相談 13:00~16:00 千足 耕一 教授、髙橋 周 准教授
海洋政策文化学科学生・大学院生
2号館 1階
100A室

海洋資源環境学部

東京海洋大学は、国際競争力強化のための海洋産業人材育成組織を構築するため、海洋環境、海洋資源・エネルギーに関する新学部を設置しました。現在、我が国の課題となっている新たな海洋産業の創出に貢献できる人材を育成し、海洋資源の有効利用ならびに国際競争力の強化に貢献します。本学部は海洋環境科学科および海洋資源エネルギー学科の2つの学科から構成され、これまでの本学の強み・特色を活かしつつ、新たな海洋の教育・研究に取り組みます。

【海洋環境科学科】(表中のA)と【海洋資源エネルギー学科】(表中のB)

時間内容会場
模擬講義

14:45~15:15

北出 裕二郎 教授  海洋物理学研究室【A】            
「海洋の息吹、南極深層水」

白鷹館 1階
講義室

15:15~15:45

茂木 正人 准教授  魚類学研究室【A】
「そうだ、南極海へ行こう♪」~「海鷹丸」で南極海の生態系を調べる~

15:45~16:15

中東 和夫 准教授  海域地震学研究室【B】
「海域地震調査から探る地球」

体験学習 10:30~15:30

中村 玄 助教  鯨類学研究室【A】
「クラフトで学ぶ鯨のからだ」
クジラクラフト作りと鯨ギャラリーの説明は、天候次第では午前のみに限定
することがあります。
1回目 10:30,2回目 13:30,3回目 15:00
計3回 定員各回12名
※募集は、本部管理棟1階で各回とも8:45より行います。

マリンサイエンス
ミュージアム 1階
展示室1
13:00~13:40
14:10~14:50

上野 公彦 准教授  海上安全工学研究室【B】
「模型船を揺らしてみる」
甲板上に水がある場合と無い場合の揺れの違いを示します。
一回につき対応できるのは10名程度です。

漁業機械学
実験実習棟

オープンラボ 10:00~16:00

鈴木 秀和 教授 「藻類学研究室」【A】
研究紹介と特別展「食用藻類」の解説

マリンサイエンス
ミュージアム 2階
特別展コーナー
13:00~16:00 島田 浩二 准教授 「海洋気候物理学研究室」【A】
北極海と地球気候変動,これまでとこれからの北極観測,ビデオ上映 等
話題提供(2回): 13:30-14:15, 15:00-15:45 
9号館 2階
208室
13:00~16:00

荒川 久幸 教授 「環境測定研究室」【A】
研究紹介と観測機器の展示
1回目13:00,2回目14:00,3回目15:00 
計3回 定員各回12名
※募集は、本部管理棟1階で各回とも8:45より行います。

9号館 1階
101室

10:00~15:00

宮本 佳則 教授,内田 圭一 助教  「応用情報システム工学研究室」【B】
海中リモートセンシングの最前線
1号館 4階
418室

10:30~16:00

鶴我 佳代子 准教授 「海底探査・モニタリング研究室」【B】
・スライド、ポスター等による研究室紹介、地震波伝搬のシミュレーション紹介
・2次元反射法地震探査システムの見学ツアー
 1回目 11:00,2回目 13:00,3回目 15:00 計3回
8号館 4階
409室
研究室紹介 10:00~15:00

海洋生物学分野の「学生による研究紹介」【A】  
 第1回
  10:00~10:50 藻類学,海洋生化学,浮遊生物学,生物海洋学,魚類学
  10:50~11:00 休憩
  11:00~12:00 無脊椎動物学,水圏生態化学,魚類行動生態学,生物機能利用学,
         個体群生態学,鯨類学
 第2回
  13:00~13:50 藻類学,海洋生化学,浮遊生物学,生物海洋学,魚類学
  13:50~14:00 休憩
  14:00~15:00 無脊椎動物学,水圏生態化学,魚類行動生態学,生物機能利用学,
         個体群生態学,鯨類学
 ※途中入退室可,各研究室10分程度。なお,座席に限りがあります。

楽水会館1階
大会議室

海洋開発学分野の研究紹介【B】
パネル展示
※研究室に所属する教員と直接話せます。

マリンサイエンス
ミュージアム
2階 学習室
入試相談 13:00~16:00

山崎 秀勝 教授、永井 宏史 教授、石田 真巳 教授、戸田 勝善 准教授、神尾 道也 助教
大学院生

2号館 1階
100B室

学内施設見学

時間内容会場
附属図書館 9:00~16:00 自由に、見学・利用することができます。
1階展示ホールでは、企画展示「図鑑で楽しむ江戸前の海」を開催中です。
附属図書館
マリンサイエンスミュージアム(水産資料館)、 鯨ギャラリー 10:00~
16:00
本館は改修工事を経て今年1月にリニューアルオープンしました。海の生き物の展示を中心に、漁業など人と海との関わりも紹介しています。また、鯨ギャラリーではセミクジラなど大型鯨類の骨格標本を展示しています。
本館、鯨ギャラリーともに博物館学の実習生による展示説明を行います。
マリンサイエンスミュージアム(水産資料館)、鯨ギャラリー
グローバル
コモン
10:00~16:00

 

グローバルコモンは、東京海洋大学グローバル人材育成プログラムの拠点として、大学会館2階に開設されています。  英語学習eラーニングシステムを中心に、英語学習のための書籍、DVD、超字幕(語学学習ソフト)など様々なアイテムを揃えています。また、英語学習アドバイザーが常駐しており、学習上の様々なアドバイスを行うなど、学生の皆さんの英語学習を強力にサポートします。  

グローバルコモンには、自習用の個人ブース20席、スピーキング練習用の防音ブース3室を備えるほか、小規模なセミナースペースもあり、英語スピーキングミニ講座やEnglish Salonなどの英語だけでなく中国語、マレー語の会話レッスン、海外派遣プログラムの事前教育等にも活用されています。

※海外派遣キャリア演習体験談  
"海外探検隊参加者によるプレゼンテーション"
11:30~12:00
   
※英語学習アドバイザーによるミニ講座  
"Let's have fun in English"
12:15~13:05

大学会館2階
グローバル
コモン

学生寮 13:00~
16:00

学生寮(朋鷹寮)の居室案内や募集スケジュール等の質問にお答えいたします。
※随時受付していますので、見学を希望される方は、直接学生寮の1階にある多目的ホールまでお越しください。

学生寮
多目的ホール

食事休憩等

時間内容
生協食堂 11:00~14:00 提供メニュー:ラーメン、うどん、定食等
その他売店も営業(10:00~16:00)しています。

生協の食堂及び売店は、時間帯により混雑が予想されます。

イベントは変更する可能性がありますので、最新の情報は当ページにてご確認ください。

一覧に戻る

PAGE TOP