特別展示 明治丸の航跡を求めて −海洋立国日本のあけぼの−
特別展示TOP>>明治丸建造資料>>中央横断面図(明治丸)
中央横断面図(明治丸)
 
この中央横断面図には製造番号のほか、MEIJI MARUと明記されており、1874年3月3日付でロイド船級協会の承認を受けている。
24分の1の縮尺を用いた中央横断面図で、各部材の材質、寸法を詳細に記入してあることは現今の方式と同じである。ただし、片面のみである。現今の船舶設備規程で定められている錨鎖、索等の大きさ数量等の基準となる艤装数に相当するOutfit Number(Number for Equipment)をその計算式と共に詳細に記入してある。
1860年代後半に汽船の大型化が始まり、各種の船型のものが出現したため、ロイド規則についてNumber for Equipmentの算出方法に関する議論が交され、1870年に改正が行われた直後であったため、その計算式を明示したものと推察される。
主要寸法
長さ 223フィート
30フィート
深さ(主甲板上端まで) 15フィート1.5インチ
長さと幅の比 7.43
長さと深さの比 14.74


Copyright. 東京海洋大学