イベントの様子

HOME > イベントの様子 > 平成30年度 > 7/28 越中島キャンパスで「女子学生のためのキャリアパスセミナー」開催

7/28 越中島キャンパスで「女子学生のためのキャリアパスセミナー」開催

2017.08.25

  2017年7月28日(金)、海洋工学部の夏のオープンキャンパスのプログラムの一つとして、「女子学生のためのキャリアパスセミナー」を越中島キャンパス(越中島会館2階 セミナールーム)にて開催しました。このセミナーは、海に関わることを学びたい・仕事にしたい女子学生を対象としており、海洋・海事、物流関連の仕事に従事する卒業生を招いてミニ講演会+懇談会の二部構成で毎年実施しています。本学に進学した理由や卒業後の進路、就職先の仕事について紹介する内容で、中・高校生や保護者を中心に、大学生、大学院生など大勢の参加がありました。
  前半の先輩講演では、海洋工学部の卒業生3名(川崎汽船株式会社より野口枝里氏、ジャパンマリンユナイテッド株式会社より森 智美氏、三菱ケミカル物流株式会社より圷 奈保子氏)にお越しいただいてご講演いただきました。はじめに、野口氏(川崎汽船株式会社)が「WELCOME ABOARD NOGUCHI HIGHWAY」と題し、初志貫徹して船乗りの夢を叶え、船長辞令を拝命してきた中で、性別に囚われず、個人としてどのように働いてきたかという、意識の持ち方について語られました。続いて、森氏(ジャパン マリンユナイテッド株式会社)は、「造船会社での私の歩み」と題し、現在までの経歴と関わった船の種類などを紹介し、大学で工学を学ぶ内に船に興味を持ち、改めて転科してさらにステップアップした後は、造船の道一筋に歩んでいると語られました。最後に、圷氏(三菱ケミカル物流株式会社)は、「流通情報工学科から海の仕事へ」と題し、本学の「流通情報工学科」をめざした理由や現在のどんな仕事をしているのかを、実際の配船業務をデモンストレーションを交えて語られました。3名の講演者のお仕事が、船を造る造船の仕事 → 船を配船する仕事 → 船を操船する仕事と、本学卒業生が海の世界で連携して活躍している様子に、高校生が感心して聞き入っていました。

 休憩を挟んでの第二部では、「先輩たちとキャンパスライフ・就活について語ろう!」と題して講演者との懇談会を行いました。普段なかなか聞くことができない貴重な話が聞けるとあって、高校生が保護者も同席して参加していました。

 アンケートには "海洋大のことをよく知らなかったが、もっと知りたいと思った" "志望度が強まった"と書いている高校生もありました。参加者が実際に本学に進学する例も毎年数名おり、海洋工学の道へ進むきかっけ作りに大変効果的なイベントとなっています。
 学部生、大学院生をはじめ、本学への進学を希望する高校生や保護者の多くの方々にご参加いただき、誠にありがとうございました。 

塚本海洋工学部長による開会のあいさつ
塚本海洋工学部長による開会のあいさつ

初志貫徹して船乗りの夢を叶えたと語る野口氏
初志貫徹して船乗りの夢を叶えたと語る野口氏

大学で工学を学ぶ内に船に興味を持ち造船の道一筋に歩んでいると語る森氏
大学で工学を学ぶ内に船に興味を持ち造船の道一筋に歩んでいると語る森氏

現在の仕事を実際の配船業務をデモンストレーションを交えて語る圷氏
現在の仕事を実際の配船業務をデモンストレーションを交えて語る圷氏

先輩を囲んでフリー懇談会
先輩を囲んでフリー懇談会

副学長 男女共同参画推進室長 稲石理事による閉会の挨拶
副学長 男女共同参画推進室長 稲石理事による閉会の挨拶

TOP