活動報告

HOME > 活動報告 > 令和 3年度 > 11/10 東京ブロック 課題別ワークショップ2020にて、機構長が発表しました

11/10 東京ブロック 課題別ワークショップ2020にて、機構長が発表しました

2020.12.11

 2020年11月10日(火)に、全国ダイバーシティネットワーク組織 東京ブロックワークショップがオンラインにて開催され、本学の女性研究者支援の取組及びコロナ禍の影響について、女性研究者支援機構の機構長が話題提供者として発表を行いました(参加者数:21機関40名)。

 本学におけるコロナ禍による影響については、学内各所にヒアリングを行い、緊急事態宣言下の勤務方法や授業、練習船における感染症対応ガイドライン等について報告しました。またイベント中止に伴う託児の中止やセミナーのオンライン化について、教員に対し、①在宅勤務の浸透度、②子育て等ライフイベントへの影響、③研究推進における影響、④大学の課題等について、メールアンケートを実施した結果から傾向をまとめ発表しました。

 東京ブロック 課題別ワークショップ2020の内容については、こちらをご覧ください。

第1回「教育研究におけるリモートワークの課題~COVID-19 で変貌した環境変化とダイバーシティ推進~」                 
     日時:2020 年 11月 10 日(火) 14:00 ~ 16:00
     開催担当:東京農工大学
     話題提供: 濱田 奈保子 東京海洋大学 女性研究者支援機構 機構長/食品生産科学部門 教授
           柿沼 美紀  日本獣医生命科学大学 教授/学校法人 日本医科大学 しあわせキャリア支援センター 副センター長

 

TOP