MENU MENU

寄附の現況

基金へのご寄附の御礼とご報告

寄附者からのメッセージ

  • 新型コロナウイルス感染で修学が大変な学生もいると聞きますので寄附させてもらいます。
  • 卒業生であり教育関係に就職しているので、お役にたてれば...と思います。大学には古いものも大切にしながら、新しいことにチャレンジしてください。
  • 卒業生の親です。 学生の方が伸び伸びと生活を送られることを願います。
  • 我が国のために東京海洋大学の特性を生かした優秀な人材を育成してもらいたい。
  • 経済的理由で、学ぶ機会を失う学生がいなくなればいいと思います。
  • 自分のできる範囲で、研究者のお役に立てればと思い、寄付することにしました。研究者は日本の宝だと思います。がんばってください。
  • 海洋資源の探索に力を入れてほしい。
  • 海洋の科学と基礎工学にかかる研究重点大学になること。
  • 世界をリードする海洋研究の推進。
  • 社会の為に寄与ください。
  • 水産日本の復活に向けて人材を送り出してください。
  • これからも、社会に貢献できる人を育ててください。
  • 海洋に関する最高学府として、未来を担う若者の育成を期待します。
  • 海洋国日本の海洋学研究の推進
  • 海洋大を卒業して、専門性の高い分野に身を置いていたと思いました。今後は更にオンリーワンな深掘り教育をしてもらえたらと思います。

支援学生からの感謝の声

修学支援事業基金から支援を受けた学生の感謝の声です。

0317_3.jpgのサムネイル画像 0317_1.jpgのサムネイル画像 200911_2.jpg 200911_1.jpg
海洋資源環境学部 
この度、奨学金を支援していただき、誠にありがとうございます。
去年からコロナの禍で本番の大学生活が楽しめなくて、学校に行く機会もあまりありませんので、とても残念ですが、遠隔授業で学習して成長している。将来に研究したいことがまだ決まっていませんが、今年の残る時間に自分が興味を持って、研究したいことを見つけ出します。
ご支援いただいているすべての方々に心から感謝いたします。

乗船実習科
この度は、修学支援事業基金奨学金の給付、ありがとうございます。いただいた学生奨学金を有意義に活用し、学業に励もうと思います。

大学院科学技術研究科

この度は、修学支援事業基金奨学金に採用頂き、誠にありがとうございます。
この奨学金制度による皆様からのご支援のおかげで、私は研究活動に全力を注ぐことができています。ご支援いただいている全ての方に心からお礼申し上げます。今後もより一層の努力をして、社会貢献できるように励んでまいります。
将来、私は漁業管理に関する研究職に就くという目標があります。私の祖父も父も鯉の養殖業に従事しており、子どもの頃から特に魚に興味を持っていました。現在は日本の水産物貿易に関する研究を行っています。この研究は日本の水産物貿易の規定要因を探して、今後日本の水産物輸出に有望な国をシミュレーションし、日本の水産物貿易額の増加と漁民たちの収入増加に役立てたいと思っています。
ご支援いただいた方々に深くお礼申し上げます。

Page Top