MENU MENU

ご寄附の種類と使途

館山・富浦ステーション等保全支援基金プロジェクト

水圏科学フィールド教育研究センターとは

東京のキャンパスでは経験できないフィールドでの実践教育と先端研究を行うため、水圏科学フィールド教育研究センターがあります。海を対象とした「臨海フィールド」と、淡水魚を対象とした「陸水域生産フィールド」があり、5つの ステーションと一つの支所が設けられており、各種研究活動のほか、新入生オリエンテーションをはじめとするさまざまな学生実習の場として活用されています。また、地域社会や産業界への窓口としての役割も果たしています。
  水圏科学フィールド教育研究センター

陸水域生産フィールド 臨海フィールド

yoshida-pic_28.jpg
吉田ステーション

ooi-pic_32.jpg
大泉ステーション

tate-pic_0610.jpg
館山ステーション

0610_2.png
富浦ステーション

shimizu_3.jpg
清水ステーション

館山・富浦ステーション等保存支援基金プロジェクト 基金の趣旨

東京海洋大学では学生の実習場である水圏科学フィールド教育研究センター各ステーション(館山ステーション、富浦ステーション、吉田ステーション、大泉ステーション、清水ステーション)の保全等を支援するため、大学基金に「館山・富浦ステーション等保全支援基金」を設置しました。(令和2年6月「館山・富浦ステーション支援基金」から新たに「館山・富浦ステーション等保存支援基金」となりました。)
 皆様のご支援が海洋の未来を拓く人材育成につながります。皆様の温かいご支援、ご協力を何卒よろしくお願いいたします。

「館山・富浦ステーション支援基金」
令和元年9月9日(月)及び10月2日(水)に関東地方に上陸した台風15号及び台風19号により被害が発生した水圏科学フィールド教育研究センターの館山ステーション及び富浦ステーションの復旧等のため設置しました「館山・富浦ステーション支援基金」大学基金をご支援いただき誠にありがとうございました。
皆様のご支援により、受入額が153件1,647,000円に達しました。
 皆様のご寄附及び国等からの支援により、館山ステーション及び富浦ステーションの修復を行うことができましたことをご報告させていただきますとともに、ご支援いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

館山ステーション
9号テント棟 9号テント棟桁行方向立面(南側)

9号テント棟(全体)(復旧前).jpg
復旧前

9号テント棟(全体)(復旧後).jpg
復旧後

9号テント棟(復旧前).jpg
旧前

9号テント棟(復旧後).jpg
復旧後

富浦ステーション
実習施設食堂室外機 艇庫1シャッター破壊

富浦室外機前.JPG
復旧前

富浦室外機後.JPG
復旧後

富浦シャッター前.JPG
復旧前

富浦シャッター後.JPG
復旧後

ご寄附の支払方法  

オンライン決済、金融機関決済でお振込みができます。
また、本学指定の振込用紙による寄附も可能ですので、ご希望の方は基金渉外課にお問い合わせください。https://www.kaiyodai.ac.jp/kikin/howto/

オンライン決済 クレジットカード、コンビニ、Pay-easy
https://www.kaiyodai.ac.jp/kikin/howto/online.html
銀行口座への直接振込

「東京海洋大学基金寄附申込書」(※東京海洋大学基金HPよりダウンロード)に必要事項をご記入のうえ、E-mail、FAX又は郵送等でお申込ください。
金融機関の窓口、ATM、インターネットバンギングで下記の指定口座にお振込ください。  
◆ゆうちょ銀行 口座名:東京海洋大学基金    
振込口座:00150-1-566724
◆みずほ銀行 口座名:国立大学法人東京海洋大学 
振込口座:みずほ銀行 品川支店 普通 1563648
https://www.kaiyodai.ac.jp/kikin/howto/bank.html

※東京海洋大学へのご寄附には税法上の優遇措置が適用されます。詳細は以下URLのホームページをご確認ください。https://www.kaiyodai.ac.jp/kikin/foundation/tax.html

応援コメント

今後の益々の発展を期待します。
世界をリードする海洋研究の推進を。
応援しています。
Page Top