MENU MENU

ご寄附の種類と使途

明治丸海事ミュージアム事業支援プロジェクト

国の重要文化財「明治丸」とは

明治丸は、明治政府が英国グラスゴーのネピア造船所に燈台巡廻業務用に発注し、明治7年に竣工した鉄船(現在の船はすべて鋼船)で、翌8年横浜に回航されました。
一等飛脚船同様の出来と言われたこの船は、特別室やサロンを備えた豪華な仕様の新鋭船で、単に燈台業務ばかりでなく、ロイヤルシップの役目も兼ねていました。明治天皇はじめ多くの高官が乗船し、わが国近代の重要な場面で活躍しました。
なかでも明治8年、小笠原諸島の領有権問題が生じた際に、日本政府の調査団を乗せ、英国船より早く小笠原に到達しました。このことによって、小笠原諸島はわが国の領土となったのです。その後の沖ノ鳥島、南鳥島の領有を含め、日本は領海と合わせて世界第6位となる447万k㎡の排他的経済水域を確保することとなりました。その約3分の1に当たる約150万k㎡が東京都小笠原村に属しています。
また、 明治9年、明治天皇が東北・北海道巡幸の際、青森から乗船され函館を経由し7月20日に横浜に安着されました。この日を記念して昭和16年に「海の記念日」が制定され、平成8年に国民の祝日「海の日」となりました。およそ20年間、燈台巡廻船として活躍した明治丸は、明治29年に商船学校(本学の前身)に譲渡されました。それからは係留練習船として昭和20年までの約50年間に、5000余人の海の若人を育てました。大正12年の関東大震災や、昭和20年の東京大空襲では、被災した多くの住民を収容し、災害救援にも貢献しています。
昭和53年には、わが国に現存する唯一隻の鉄船であり、鉄船時代の造船技術を今に伝える貴重な遺産として、国の重要文化財に指定されました。船としての重要文化財指定は明治丸が初めてです。
その後、老朽化が進んだため、再び平成25年12月より、本学と文部科学省により大規模修復工事が行われました。平成27年3月に竣工し、その美しい姿がよみがえりました。

「明治丸」内観1.jpg

_FOT6131.jpg

P29_meijimaru.jpg

明治丸海事ミュージアム事業支援プロジェクト 基金の趣旨

明治丸海事ミュージアム事業は、明治丸を中心とした海事文化の拠点形成を図るもので、次世代の海事産業を担う青少年への海事意識啓発や海事文化交流等の活動を支援する事業です。 この事業の中心となる重要文化財「明治丸」の修復工事は、平成27年度に実施しましたが、今後定期的なメンテナンス費用、海事文化の拠点形成のために百周年記念資料館の整備費用等も必要となっています。 これら事業に必要な経費については、平成20年から平成27年に募金活動を行い、皆様からの寄附により集めた資金により賄っていくこととしました。 明治丸海事ミュージアム事業は明治丸の修復および百周年記念資料館整備後、海事研究者、海事に興味を持つ若者そして地域の人々にも親しまれ、 繰り返し訪れてもらえるよう、次のような事業活動等を予定しています。
◆次世代の海事産業を担う青少年への海事意識啓発活動
◆先端の海事技術講座などのセミナーの開催
◆明治丸や百周年記念資料館での企画展等の開催
◆明治丸の保守管理
◆海事技術資料の編纂
◆地域との交流活動支援

明治丸募金は平成27年1月で終了しましたが、明治丸海事ミュージアム事業を更に発展、充実したものにするためには、更なる資金の確保が必要であり、今後は大学基金の枠組みで、明治丸海事ミュージアム事業に特化した寄附を募り、皆様方からのご協力のもと事業を推進してまいります。

※ 東京海洋大学 海洋工学部 住所:東京都江東区越中島2-1-6 google Map
※ 東京海洋大学 明治丸 HP  東京海洋大学 明治丸 Twitter

平成27年3月  明治丸海事ミュージアム事業募金終了の報告

本学では、平成20年度に明治丸海事ミュージアム構想を立ち上げ、この構想の具体化に必要な資金を確保するため、平成213月、宮原耕治 日本郵船(株)取締役社長(当時)を委員長とする明治丸募金委員会を組織し募金活動を行ってまいりましたが、平成27131日で募金期間が終了いたしました。多大なる皆様のご支援を経て募金総額は平成27322日現在で365,650,476円となりましたこと報告させていただきます。ご協力ありがとうございました。明治丸修復工事は順調に進んでおり、3月末までに修復工事を予定通り完了することになっております。尚、内装工事につきましては、修復工事の対象となっていないため、主要な学外寄附者様を委員に加え構成されている明治丸募金委員会において、18,672千円を上限として募金の一部を使用させていただくことを決定して頂きました。今後、明治丸募金委員会は解散しますが、募金された皆様の意向に沿うよう、明治丸海事ミュージアム事業として単独で寄附金を管理し使用してゆくため、新たに東京海洋大学明治丸海事ミュージアム事業支援委員会を東京海洋大学基金の下に立ち上げ、主要な募金者に外部委員(大学の委員と同数)となっていただき委員会を運営することにより、募金の使用(活用)の透明性を確保していく所存でございます。最後に、東京海洋大学の明治丸海事ミュージアム事業、教育・研究活動にさらなるご理解とご支援を賜りますよう、また今後は東京海洋大学基金寄附において、明治丸海事ミュージアム事業限定の寄附を受け付けますので、今後ともご支援くださいますよう宜しくお願いいたします

修復前

IMG_3757.JPG

IMG_3751.JPG

IMG_4710.JPG

修復後 平成27(2016)年

重要文化財「明治丸」タテ.jpg

重要文化財「明治丸」ヒキ.JPG

越_明治丸_桜.JPG

「明治丸」「百周年記念資料館」「明治丸記念館」観覧のご案内

事前予約 10名以上で見学の場合は必ず事前に「大学見学申込書」を
FAXまたはメールにてお申し込みください。
明治丸、百周年記念資料館、明治丸記念館のすべての見学ができます。
大学見学申込書」はこちら
提出先 東京海洋大学総務部総務課広報係
TEL:03-5463-1609 / FAX:03-5463-0359 Email:so-koho@o.kaiyodai.ac.jp
問合せ先 明治丸海事ミュージアム事務室
TEL:03-5245-7360 / FAX:03-5245-7330 Email:meijimaru@o.kaiyodai.ac.jp

原則、個人、少人数での見学は事前申込なしでご見学いただけます。
※明治丸の見学はガイドが必ずご案内いたします。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

ご寄附の支払方法  

オンライン決済、金融機関決済でお振込みができます。
また、本学指定の振込用紙による寄附も可能ですので、ご希望の方は基金渉外課にお問い合わせください。
https://www.kaiyodai.ac.jp/kikin/howto/

オンライン決済

クレジットカード、コンビニ、Pay-easy
https://www.kaiyodai.ac.jp/kikin/howto/online.html

銀行口座への直接振込

「東京海洋大学基金寄附申込書」(※東京海洋大学基金HPよりダウンロード)に必要事項をご記入のうえ、E-mail、FAX又は郵送等でお申込ください。
金融機関の窓口、ATM、インターネットバンギングで下記の指定口座にお振込ください。  
◆ゆうちょ銀行 口座名:東京海洋大学基金    
振込口座:00150-1-566724
◆みずほ銀行 口座名:国立大学法人東京海洋大学 
振込口座:みずほ銀行 品川支店 普通 1563648
https://www.kaiyodai.ac.jp/kikin/howto/bank.html

東京海洋大学へのご寄附には税法上の優遇措置が適用されます。詳細は以下URLのホームページをご確認ください。https://www.kaiyodai.ac.jp/kikin/foundation/tax.html

Page Top